( ^ω^)系でも、いいっしょ?

⊂二(^ω^ )二二⊃系小説についての雑記とか日記彡
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  29

川д川貞子改造計画のようですⅡジェット(゚、゚トソン

~~--Yζ(´ー`*ζ うんすまない(ry




以下本編

- 川д川貞子改造計画のようですⅡジェット(゚、゚トソン -

川;д川 「……えっと」

(゚、゚トソン「第2回、マイナーAA向上化計画Ⅱジェット~」ドンドンパフパフ

(゚、゚トソン「やってきました、このコーナー、前回よく考えたら
     何にも向上させてなかった事に気付いたので、
     ゲストは前回に引き続きこの人、貞子さんでーす」

川;д川 「……前回の件で強く出なきゃダメだと気付いたので、まず……」

川;д川 「まだやるの?」

(゚、゚トソン「やりますん」

川;д川 「どっち!?」

(゚、゚トソン 「空気嫁」

川;д川 「……うん、努力はするよ」

(゚、゚トソン 「私も、やるつもりはミジンコ程もありませんでしたが、
      ゲリラにもかかわらず、わざわざリンク貼って頂いたりしたのに、
      1つだけだと失礼な気がしましたので」

川;д川 「これ自体が失礼な気もするけどね」

(゚、゚トソン 「つまらん仕事増やしてるだけですよね」

川;д川 「自分で言うの!?」

(゚、゚トソン 「他に質問は? なければ──」

川;д川 「じゃ、じゃあ、このタイトル何? Ⅱはまだしも何でジェット?」

(゚、゚トソン 「粗製乱造の弊害を端的に表してみました」

川;д川 「ネタわかりづらいよ! ……って突っ込むミセリちゃんがいない」

(゚、゚トソン 「人数が増えるとそれだけ貞子率が下がるので」

(゚、゚トソン 「それに、今回は真面目に向上させるのでギャグ要員はいりません」

川;д川 「言いたい放題だね」

(゚、゚トソン 「まあ、星になったミセリ ミセ*>ー<)リゞミ☆ は置いといて」

川;д川 「……うん、スルーするよ」

(゚、゚トソン 「まず、貞子を使っていての問題点、表情が付けづらい」

川;д川 「……」

(゚、゚トソン 「どうしました?」

川д川 「……いや、真面目にやるんだなーってちょっと驚いちゃって」

(゚、゚トソン 「何を仰いますやら。私はいつも真面目ですよ?」

川;д川 「え……? 前回のあれは?」

(゚、゚トソン 「真面目にボケて、真面目におちょくって、真面目に呪ってました」

川;д川 「真面目のベクトルおかしいよ!」

(゚、゚トソン 「いいですか貞子、私達AAはブーン系というスターシステムの中で
      与えられた役割をうまく演じてこそ、の存在です」

川;д川 「すっごい真面目だけど、これまでを考えると納得いかない……」

川д川 「つまりあれは演技なの?」

(゚、゚トソン 「貞子……、人間、中々自分の本質は変えられませんよ」

川;д川 「素じゃん!」

(゚、゚トソン 「そんな事より表情です。今の所、拙作で出てきた貞子の表情は…」

川д川 通常

川ー川 笑い

川;д川 焦り

川゚д川 驚き

川*д川 照れ

川-川 無表情

川;д;川 泣き

川 ゚д゚ 川 こっちみんな

(゚、゚トソン 「泣きは前回の改造計画ですね。
      それに汗やら照れの組み合わせがいくつか」

川*д川 「……こうやって改めて並べられると、何だか照れるね」

(゚、゚トソン 「……意外とありましたね。じゃあ、これはこれでいっか」

(゚、゚トソン 「しゅーりょー」

川;д川 「ええ!? せっかくいい話題だったんだから、引っ張ろうよ!」

(゚、゚トソン 「面倒ですね。面倒ですが、まあ、他に話題もないですから、
      もう少し考えてみますか。面倒ですけども」

川;д川 「面倒って3回言ったー! どんだけ面倒なの?」

川;д川 「それに、他に話題もないの?」

(゚、゚トソン 「やはりネックは目ですか。隠れていますし、かといって出すと、
      髪が両側に全角でありますから、幅を取りすぎるんですよね」

川;д川 「ナチュラリースルー」

(゚、゚トソン 「川゚д゚川 こんな感じに半角の何かを使えば、収まりますが」

川;д川 「自分で言うのもなんだけど、川゚д゚川だとちょっと……」

(゚、゚トソン 「可愛くないと言うか、ギャグっぽいですよね」

川;д川 「うん」

d(゚、゚トソン 「そこでこのコーナー、改造計画ですよ」

川д川 「おー! 極めて自然にまともな流れに」

(゚、゚トソン 「それでは、まず目を考えてみましょう」


川゚д゚川 川・д・川 川@д@川 川'д'川

川-д-川 川^д^川 川=д=川 川VдV川

川oдo川 川"д"川 川\д\川


(゚、゚トソン 「……」

川д川 「……」

(゚、゚トソン 「……ドンマイ」

川;д;川 「……うん」

(゚、゚トソン 「最後とか懐かしの表現っぽいですよね、金の亡者っぽくて」

川д川 「最後から3番目は頬だよね、目じゃなくて」

(゚、゚トソン 「何にせよ、目は見せずにミステリアス路線で行くべきでしょうね」

(゚、゚トソン 「ということで、次は口で。既出は省きます」


川へ川 川p川 川A川 川∀川

川ω川 川⊿川 川ヮ川 川皿川

川、川 川 _ 川 川_ノ 川 川 - 川

川 ハ 川 川_ゝ川 川(エ)川


(゚、゚トソン 「……この企画はなかった事に」

川;д川 「正直、私も闇に葬りたい……」

(゚、゚トソン 「後は髪ですか……」

(゚、゚トソン 「でも、髪変えちゃうとほぼ別AAなので却下」

川;д川 「うわー、それ言っちゃうと、どのパーツも変えづらいんだけどね」

(゚、゚トソン 「だって、例えば私が髪変えたらまずいでしょう?」

川;д川 「うん、存在意義が揺らぐね」

(゚、゚トソン 「まあ、揺らがない程度に似たものに変えると……」

(゚、゚トソン 「(゚、゚ステキ (゚、゚ラブリー (゚、゚ゴージャス (゚、゚天上天下唯我トソン」

川;д川 「何、そのチョイス!? 特に最後、無理すぎだよ!!!」

プンスカ
(゚ε゚トソン 「最後が一番面影残ってますよ?」

川;д川 「申し訳程度に最後についてるだけじゃん!」

(゚、゚トソン 「じゃあ、貞子も面影が残るぐらいに変えると……」

(゚、゚トソン 「河д河 皮д皮 革д革……」

川;д川 「ちょっと待ってよ!」

川;д川 「それ、全部同じ読みの漢字当てただけじゃん!」

川;д川 「残す面影間違ってない?」

(゚、゚トソン 「何かネタ考えるの面倒になってきましたので」

川;д川 「面倒4回目だぁぁぁぁ! てか、正直だなー」

(゚、゚トソン 「そういうキャラですので」

川;д川 「キャラのせいに!? ……うん、何かもういいよ」

(゚、゚トソン 「まあまあ。じゃあ、1つ真面目に、髪上げ貞子」

ノノ゚ー川

川д川 「……あれ? 意外と良くない?」

(゚、゚トソン 「そりゃそうですよ、何せ私が考えてませんから」

川;д川 「そこ威張るとこ!? てか、パクり?」

(゚ぺトソン 「違いますよ。前に総合で髪上げ貞子の意見聞いた時に
      出してもらったもので、使うかもって許可も頂いてます」

川;д川 「あ、そうなんだ。考えて頂いてありがとうございます」

(゚、゚トソン 「元は ノノノ゚ー川 でしたが、幅を取るので少し改造しました」

ノノー川 「あー、何かいいかも、風にそよぐ髪って感じで」

(゚、゚トソン 「ええ、そんな感じで、恋愛パートの締めとかに
      使おうと考えたんですが……」

ノノー川 「ですが?」

(゚、゚トソン 「そんなパート永久にこねえよ! ということに気が付きまして、
      お蔵入り致しました次第です」

川;д;川 「うっわー、聞きたくなかったなー」

(゚、゚トソン 「私の現行、唯一の同年代の♂があの方1人ですからね」

(゚、゚トソン 「必然的に貞子に、となりましたが、別にいらない話なので」

川;д;川 「確かにいらないねー」

(゚、゚トソン 「ちなみに、私が考えてた髪上げ貞子」

川゚д゚ル

(゚、゚トソン 「初期プロットにありました」

川゚д゚ル 「……」

(゚、゚トソン 「意外と馴染んで……」

川゚д゚ル 「ねーよwwwwww」

(゚、゚トソン 「……といった所で、そろそろオチですが」

(^ー^トソン 「ぶっちゃけ、何も考えてません」

川;д川 「いい笑顔で超投げやり!」

(゚、゚トソン 「では、いつものように口先だけでいい話風を装いますか」

川;д川 「あれ、自覚してやってたの!?」

('ー'トソン 「あれれ~? 私に計算なんてないよ~?」

川-川 イラッ

(゚、゚トソン 「まあ、あれです、貞子は貞子ですから、良いとこも悪いとこも含め
      なんたらかんたら、使いましょうね、貞子って感じで」

川;д川 「いい話風に超適当!」

(゚、゚トソン 「いいですか貞子、私達AAはブーン系というスターシステムの中で
      与えられた役割をうまく演じてこそ、の存在です」

川;д川 「最初の方のコピペだぁぁぁぁ!」

(^ー^トソン 「はい、そんな感じ丁寧キャラの割にツッコミもいける、キュートな
      貞子ちゃんを、みんなも使ってね!」
 キラッ
☆ミヾ(>、<トソン

川;д川 「無理やりまとめたぁぁぁぁ!」

(゚、゚トソン 「はい、最後締めて」

川;д川 「うぇっ!?」

川;д川 「えっと……」

ノノノー川ノシ 「色々とごめんなさーい。落ちませんが終わりです!」


 おしまーい 
別窓 | ブログ内作品 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<リングなんとか川д川 | ( ^ω^)系でも、いいっしょ? | 川д川貞子改造計画のようです(゚、゚トソン>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ( ^ω^)系でも、いいっしょ? |
    Twitter/ri_ry
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。